木星
  
太陽系第5惑星  Jupiter  
撮影データ共通
 ↓N
INTES ALTER-7(18cmマクストフカセグレンf1800mm)
VIXEN SP-DX赤道儀
Imaging Source社 DFK21AU04 カラーCCDカメラ
フレームレート 30フレーム/sec
カサイ 2.5xバローレンズにて撮影
Registax5.1、ステライメージ7にて画像処理
原版を150%拡大はこちら

 

2017年5月05日
 22時24分
 1/38sec x 2000フレーム(67sec)
 1382フレームをスタック
  視直径:  43.2"
  光度 :  -2.4等
  中央経度:65゚(I) 313゚(U)79゚(V)
  中央緯度: -3゚
この日はシーイングが結構安定していました。
シーイングが安定するとかなり細かい模様まで分かるようになります。
昨日の画像と比べてみてもその差が分かります。
2017年5月04日
 20時39分
 1/38sec x 3000フレーム(100sec)
 1890フレームをスタック
  視直径:  43.2"
  光度 :  -2.4等
  中央経度:276゚(I) 172゚(U)298゚(V)
  中央緯度: -3゚
この日はシーイングがあまり良くなかったので3000フレーム(100sec)を撮影してみました。
2017年4月22日
 22時58分
 1/45sec x 2000フレーム(67sec)
 1536フレームをスタック
  視直径:  43.9"
  光度 :  -2.5等
  中央経度:265゚(I) 252゚(U)15゚(V)
  中央緯度: -3゚
このところシーイングが安定する日が多くなってきました。
1週間前の画像と比べるとシーイングで見え方がずいぶんと変わるのが分かります。
右下にイオ(I)5.0等、右上にエウロパ(II)5.3等が見えています。
2017年4月15日
 22時27分
 1/38sec x 2000フレーム(67sec)
 1501フレームをスタック
  視直径:  44.1"
  光度 :  -2.5等
  中央経度:220゚(I) 260゚(U)21゚(V)
  中央緯度: -3゚
4月8日に衝を迎えた木星を今期初撮影しました。大赤班が見えています。この日のシーイングはそれほど良く有りませんでした。
木星上にいるイオが黒い影を落としています。また右上にカリスト(C)5.7等がかすかに見えています。